医療用かつらの特徴

抗がん剤治療は、脱毛を伴うことがあり、女性にとっては大切な髪を失うことになります。その際、医療用かつらをつけることで、見た目に元気な姿でいられ、精神的にも楽になるはずです。この医療用かつらですが、では一般的なかつらとはどの点に違いがあるのでしょう。

一般的なかつらは、ファッションウイッグや部分かつらを意味し、大きな特徴としてはとにかくファッション性があり、ヘアスタイル重視となっていることです。また、一般的なかつらは人口毛を機械で植え込むものが多い、大量生産品となっています。そのため安価で購入できますが、ネット部分は目が粗く頭皮にちくちくと刺さることもあります。もちろん、人工毛ということで髪の質感も自然さに欠けるところがあるのです。

ロングヘアーこれに対し医療用かつらは髪を一本一本手植えで作られているため、とても自然な仕上がりとなっています。ネット部分も柔らかな作りとなっていますので、着用時も違和感がなく快適な付け心地が実現されているのです。また、人工頭皮を使用していますので、気になる分け目も本物の頭皮と区別できないほどです。もちろん、脱毛前と脱毛後の頭のサイズにも対応できるようアジャスターもついていますので、買い替えの心配もありません。このように医療用かつらは、医療用に特化したものですので、一般的なかつらよりも精巧な作りになっているのが特徴です。