選ぶ際のポイント

医療用かつらは、治療時につけるものですので、やはり慎重に選ばなければいけません。ではどのような点に気を付けて、この医療用のかつらを選べばいいのでしょう。治療により、髪の量は短期間で大きく変わることがあります。この変化に充分対応できることが、まずは医療用かつらを選ぶ際の大きなポイントとなります。次に、治療中は頭皮への負担をできるだけ少なくしたいものです。そのため、頭皮に優しい素材を使っているものを選ぶ必要があります。

女性また、医療用かつらは常に着用するものですので、着用時の違和感のないことも重要な点となります。ずれたり外れたりということがないよう頭にフィットするということが医療用かつらには求められるのです。そしてかつらは汗やムレが気になるものです。通気性がよく菌の繁殖を抑えるような抗菌作用のあるものが好ましいでしょう。医療用かつら販売の「ライツフォル」のホームページでも確認しましたが、やはり、通気性には拘っているようで、蒸れにくく水分を気化拡散する働きをしてくれる高通気性ネットというものを使用しているようです。こうしたこだわりを持って医療用かつらを作っている業者を選択するようにすれば安心でしょう。

蒸れにくく快適な高通気性ネット

高通気性ネットは通常のネットに比べて、水分を気化拡散する働きがあります

そして女性にとって最も重要な点としては、見た目です。ただでさえ闘病中は気が滅入ってしまうものです。女性にとっておしゃれは精神的にもいい効果をもたらします。そういう点で、医療用かつらにもおしゃれさが必要となります。医療用かつらを選ぶ際は、こういったポイントがありますので参考にしてください。

医療用かつらの特徴

抗がん剤治療は、脱毛を伴うことがあり、女性にとっては大切な髪を失うことになります。その際、医療用かつらをつけることで、見た目に元気な姿でいられ、精神的にも楽になるはずです。この医療用かつらですが、では一般的なかつらとはどの点に違いがあるのでしょう。

一般的なかつらは、ファッションウイッグや部分かつらを意味し、大きな特徴としてはとにかくファッション性があり、ヘアスタイル重視となっていることです。また、一般的なかつらは人口毛を機械で植え込むものが多い、大量生産品となっています。そのため安価で購入できますが、ネット部分は目が粗く頭皮にちくちくと刺さることもあります。もちろん、人工毛ということで髪の質感も自然さに欠けるところがあるのです。

ロングヘアーこれに対し医療用かつらは髪を一本一本手植えで作られているため、とても自然な仕上がりとなっています。ネット部分も柔らかな作りとなっていますので、着用時も違和感がなく快適な付け心地が実現されているのです。また、人工頭皮を使用していますので、気になる分け目も本物の頭皮と区別できないほどです。もちろん、脱毛前と脱毛後の頭のサイズにも対応できるようアジャスターもついていますので、買い替えの心配もありません。このように医療用かつらは、医療用に特化したものですので、一般的なかつらよりも精巧な作りになっているのが特徴です。

医療用かつらの素材

がん治療の際に、抗がん剤が投与されることがあります。そして、この抗がん剤治療には、抜け毛や脱毛が伴います。特に女性にとって髪は命ともいえるもので、これが大きな悩みとなるのです。こういった脱毛に関しての悩みを解消してくれるものがあります。それが医療用かつらなのです。

ショートヘアーこの医療用かつらですが、髪の種類としては3種類あります。まずは人毛を使ったものです。これは人毛に特殊な加工を施したもので、手触りなどはとても自然で自分の髪のような質感があります。また、パーマやカラーリングにも対応できるので、いつもおしゃれでありたい女性の希望に沿ったかつらと言えます。次に、人工毛です。これは合成繊維から作られた髪で、一般的にはファッションウイッグに使われています。素材としてはポリエステルやナイロンといったものが主流ですので、比較的安い価格で購入できます。

医療用かつらの髪の種類として3つ目には、MIX毛があります。これは人毛と人工毛を合わせたもので、人毛と人工毛のメリットを併せ持ったかつらとなるのです。人毛の自然さと人工毛のまとまりのよさにより、ヘアスタイルが長持ちするメリットがあります。このように医療用かつらの素材には種類があり、それぞれにメリットがあるのです。

女性と医療用のかつら

病気や怪我などの治療により、頭髪が抜け落ちることがあります。最もよく知られる例としては、抗がん剤治療でしょう。髪はご存じの通り女性にとっては命とも言われるほど、大切なものです。この大切なものが抜け落ちていくのですから、ただでさえ病気で塞ぎがちな気分がもっと滅入ってしまいます。そんなとき、とても嬉しい働きをしてくれるものとして、医療用のかつらがあるのです。

汗この医療用のかつらですが、素材としては人毛、人工毛、MIX毛があります。人毛は自然な仕上がりが特徴で、人工毛は合成繊維を使ったものとなり、そしてMIX毛は人毛と人工毛のよいところを合わせています。また、一般的なかつらとの違いですが、まずは医療用のかつらは、毛を一本一本手植えしているところにあります。一般的なかつらは工業的に植えられますので、価格も安くなりますが、直接頭皮に触れるネット部分が粗い作りになっていて、頭皮に刺激を与えることもあるのです。一方の医療用のかつらは頭皮にも優しい作りとなっていますので、快適な使用感があり、また脱毛前と脱毛後の頭のサイズの変化にも対応できるため、買い替えなしで使い続けることができます。

ただ、この医療用のかつらも、選ぶ際には注意する点があります。まずは汗やムレに強いものを選ぶことです。かつらはずっと着けているものですから、この点は特に注意が必要です。また、女性にとってはおしゃれさも大きなポイントとなるでしょう。このサイトは、こういった医療用のかつらについて説明します。